読書:アミダサマ・リターン

 

こんばんは

今日撮った写真です。

あまりにも空が綺麗だったので・・。

 

 

 

そして、読書の話。

今日はね

今までで一番すごい本・・

 

 

アミダサマ

 

めっちゃくちゃ

気持ち悪くなるヤツ

メンタル弱ってる時に読んじゃだめ。

 

 

 

とある廃車置き場に捨てられた

冷蔵庫の中に

裸のまま放置されていた幼女

 

 

 

 

 

どこからともなく

聞こえてくるコエを

聞き取る能力を受け継がれた悠人と

 

寺で母親と2人暮らしをしていた住職の淨鑑が

そこで出会い、

 

本能的に、悠斗に幼女を渡してはならないと悟り、

淨鑑が幼女を連れて帰るのだけど

そこから2人の色んな事が

狂って行く・・と言う

 

 

もうこの時点で

気持ち悪い・・

 

 

 

 

人の心を惹くと言うことは

良いことだけでなく悪いことも惹きつけてしまう、と言うこのなのか・・

 

 

 

そういう事だったんだ・・って

最後はちょっと救われるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リターン

時々ブログにも書いている

「リカ」と言う小説のシリーズ(続編)

「リカ」と言う常気を逸脱した女が起こした事件(リカと言う題名になっているシリーズ1作目)の捜査をしているうちに

自分や仲間も事件に巻き込まれて行き・・

 

最後は、ある意味期待を裏切らない

リカの卑劣さ

 

・・卑劣?

違うかも。

 

自分のルールを侵すものは

絶対に許さないリカの

残虐さが・・

 

 

 

でも、読んじゃう。。

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキング

 

 

 

2 件のコメント

  • まりもさん

    嫌な表現や後味のあるミステリー小説を「イヤミス」と言うのですが、
    そのなかでも沼田まほかるさんのは、容赦ないです(^_^;)

    でも、紹介されている時点でスゴいから、読みたくなってしまいます。

  • おはようございます(*^_^*)

    ネガティブ系な本なんですね(^◇^;)笑
    結構、リアルですね(^^;

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です