彼女がその名前を知らない鳥たち

 

やばいヤツ、観ました(映画)

 

「彼女がその名前を知らない鳥たち」

 

 

小説の紹介をされていたのを見たことがあったので、題名だけは聞いたことがありました。Amazonプライムビデオで、これが目につき、何となく見てみようかなーと思ったのが、良かったのか悪かったんのか・・

 

 

うーん、2日くらい、引きずってましたよ。

 

 

 

うまく書けないんだけど

 

このモヤモヤは何だろうと思って、後から

レビューとかを調べてみたら

 

 

 

 

R15指定・・なるほど(笑)

 

原作:沼田まほかる・・・・・

 

 

 

 

やっぱりーーーーー!

(作家の沼田まほかるさんはイヤミス・・嫌な気持ちになるミステリー・・の女王って言われていて、私も何作品か読んでます。嫌な気持ちになるけど、読みたくなるってやつ)

 

 

 

 

 

 

 

感想さえも、書くのが難しい。

 

出てくる人物が、みんなクズ人間で

 

 

 

主人公の十和子は、人を罵ったり、クレームを付けることでストレス発散しているダメ人間。

 

十和子の今の彼氏?の陣治は、不潔で汚すぎるし気持ち悪いし

 

十和子の前の彼氏の黒崎は、女心を何だと思ってんだって感じだし

 

黒崎にどことなく似ている水島は・・・・ただのアホ

 

 

 

うまく書けないので

レビューなどはこちら→

 

 

 

 

 

 

前半は、ただ気持ちわるーーと思いつつも、さすがまほかる作品、観ちゃうんですよねー

 

 

 

でも、中盤から、ただのクソ恋愛話じゃなくなるんです。

 

誰かが失踪している事がわかり、あれ、これ犯人って・・ってなっていき

 

 

 

以外な結末を迎えるんだけど、

 

 

ラストのシーンで

なぜ十和子と陣治が一緒にいたのかがわかるの。

 

 

 

 

 

何が正しくて、どこで間違えたのか

 

十和子の本当の安らぎはどこにあったのか

 

 

 

 

間違えたとしても、あんな結末は悲しすぎる・・

 

 

 

 

 

 

 

 

気になった方は、気持ち悪いの覚悟でどぞー

 

小説

 

 

 

映画(Amazonプライムビデオでは、無料かも)

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です